波毛 英里紗

波毛 英里紗


お菓子研究家/スイーツデザイナー
ル・コルドンブルー菓子ディプロム

小学生の頃、はじめてお菓子を作った時に、家族が喜んでくれたことが嬉しくて、お菓子作りに目覚める。
本格的にお菓子の道に進むきっかけとなったのが、おケイコ雑誌のレポーター企画に応募したこと。
フランスが本場の料理学校ル・コルドンブルー横浜校に入学し、ディプロム取得。
その頃から、お菓子研究家として活動を始める。
自分の手で作ったお菓子で、大好きな人たちを喜ばせて、笑顔にすることが出来る!
この時の思いが、今のお菓子作りのテーマ“HappySmile”につながっている。
お菓子作りで、人を笑顔に、幸せにすることが出来ます。作る、食べる、贈る喜びを共有し、周りも、自分も、HappySmileになれることを目指して、活動をしております。

【おもな活動実績】

2004年にル・コルドンブルーでディプロム取得後、活動開始。
その後、自宅レッスン、スイーツケータリングなどを行う。

2012年6月には、横浜山手の111番館にて、自身初のお菓子の個展を3日間開催。訪問数のべ300人以上

2014年2月、新宿伊勢丹にて、フランスのブランドSONIA RIKYELシューズイベントにて、ソニアリキエルをイメージしたマカロンタワーや商品モチーフのクッキーなどを製作スタイリング。

同年5月、青山のHONDAショールームにて、アイシングクッキーで、HONDAの車のある町を製作、展示。

同年8月渋谷ヒカリエ ブロードウェイミュージカル『ブリングイットオン』をイメージした菓子製作&ディスプレイ担当。

2012年秋から2013年2月にかけて、ファミリーマートCP企画お菓子の家を作ろう!にてお菓子製作&監修。子役タレント本田みゆちゃんと動画出演、イベント講師担当。

2014年11月より計3回の雑誌DRESSとファンケルのコラボイベント アンチストレス部では、アンチストレスに効くスイーツなど、フードコーディネートを担当。

2015年3月号ケイコとマナブでは、創刊25周年ケーキを製作。